校長挨拶

 マドリッド日本人学校へようこそ

 スペインの首都マドリッドは,政治や経済の中心であるとともに,地理的にもスペインの中央に位置しています。標高は667mと比較的高く,寒暖差が大きいですが,湿度が低く大変過ごしやすい気候です。また,都会ではありますが緑が多く,公園が多くあることも特徴の一つです。

 マドリッド日本人学校は1981年に設立され,今年度で設立40周年を迎えた歴史のある学校です。場所は首都マドリッドの中心から約15km北西に位置し,閑静な住宅街の中にあります。通学範囲は広く、多くの児童生徒はスクールバスを使って通学しています。校舎は貴族の住宅を改築したもので,吹き抜けのホールや螺旋階段を見ると、中世にタイムスリップしたような気持ちになります。この校舎は現在改修工事を行っており、来年の4月にはリニューアルした新しい校舎に生まれ変わる予定です。

 本校は,小学1年生から中学3年生までが同じ校舎で生活する小中一貫校です。児童生徒は大変仲が良く,休み時間には小学部と中学部の児童生徒が一緒に遊ぶ微笑ましい光景が毎日見られます。昨年度はコロナ禍ではありましたが、感染症対策に気をつけながら、運動会や宿泊体験学習、文化祭などの行事を実施することができました。そのような行事において、一人一人に活躍の場があることも本校の良さであるといえます。

 本校の教育内容の特色としては,次の3点が挙げられます。

 ① 日本語での丁寧な指導

   学習指導要領に準拠したカリキュラムを実施しており,日本から転入して来たり日本へ転出したりする児童生徒も問題なく学習を継続できます。また,少人数学級の利点を生かし,一人一人に寄り添った丁寧な指導を行っています。小学部では特に日本語と計算に力を入れ,基礎学力の向上に努めています。

 ② ネイティブ講師によるスペイン語,英語指導

   海外で学ぶことの利点を生かし,小学部1年からスペイン語と英会話の授業を実施しています。児童生徒はネイティブな発音を身に付けることができ,外国語でのコミュニケーション力の向上を期待できます。文化祭では,英語やスペイン語を使った発表などを行い,授業で身に付けた語学力を発揮しています。

 ③ 現地社会との関わりを大切にした活動

   福祉施設訪問や職場体験学習など,現地の社会とのつながりを大切にした活動を行っています。また,社会見学などを通して,現地への理解を深めています。

 私たち教職員は,本校を選んでいただいた期待に応えるため,これからの社会をたくましく生き抜き,世界で活躍できるグローバル人材を育成することを目指し,「チームマド日」として力を合わせて全力で教育活動に取り組んでいく所存です。本校の教育活動に対し,ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

令和4年4月

マドリッド日本人学校
校長 村井 剛